蓮華院金剛寺 国づくり人づくり関連機関
トップ 創寺縁起 行事案内 縁起物 マンダラ記 お問い合せ
一喝説法 一喝説法イメージ
 
 
 
 
4つの魅力
 
一喝説法
開運人生相談
ご供養・ご祈願
体験談
 
運命のしくみ
 
お問い合せ
 
〒730-0014
広島市中区上幟町10-7
TEL 082-222-0910
FAX 082-222-0430
 
メールcenter@kongoji.org
蓮華院金剛寺
座主 木原秀成
 
 
一喝説法
 
供養法の功徳
2010.02
 
 供養法は何のためにするのか?
 
運命を好転させていく為の大切な実践行として、『如意円満供養法』があります。この供養法は、単に亡くなられたご先祖の冥福を祈るというのではなく、ご先祖と自分は霊線でつながっており、相続・転写されている先祖果の想念の浄化と霊格の向上になると共に、自分自身の魂(自分果)の浄化と霊格の向上にもなるのです。
 
「運命のしくみ」も参考にしていただきたいのですが、私たちはご先祖様から引き継がれた人生の背景があります。それが先祖果です。先祖果には良いものも悪いものもあります。
ご供養は、ご先祖様にとっては魂の浄化・向上のための食事なのです。だから毎月してくれるのを待っているのです。
 
その功徳は、必ずめぐりめぐってあなたに返ってきます。顔の相やその人自身のオーラが良くなってくるのも、その功徳です。 
供養法は、自分が喜べる範囲で精一杯させて頂き、必ず継続してください。

 
自然は、必要なものは進化・繁栄しますが、不要なものは退化・絶滅します。家系の流れも同じです。ご先祖供養やお施餓鬼供養をおろそかにしていますと、その家系が今いくら栄えていても、子孫になるにつれ、衰退していくのです。ここに先祖果を浄化させる大切さがあるのです。
 
さらに重要なことは、形だけの供養では、だめなのです。現界の供養を霊界に届け浄化させる力が必要なのです。
 
蓮華院金剛寺は、この供養法の実践ができるお寺です。是非とも多くの方に実践していただくことを願っています。
 
 ご先祖供養
 
先に死んで往った人の霊を慰め浄化し、向上させる目的で行うものです。
木の成長で例えると根にしっかり栄養を与えなければ、幹や枝は枯れていきます。根は土の中にあって見えません。ご先祖様はわたしたちの根にあたります。
ご先祖様が成仏していないということは根が病気になっているのと同じで、そのまま放っておくと幹や枝が病気になります。つまり、家系がだんだんと衰退(没落)していくことになります。ご先祖供養の功徳は、繁栄と密接な関係があります。
 
 お施餓鬼供養
 
想いを残して亡くなっている人、事故・ガンなどで死亡したご先祖様の想念(執着)を浄化(成仏)させる目的で行うものです。
 
供養を続けますと、飢えたるものに食を施す善根によって、自分の生活が豊かになるとともに、日常生活の中で餓鬼のような心を持つことや、自分本意で生きることが間違っていることに気が付かされるのです。お施餓鬼供養の功徳は、人生の豊かさにつながります。
 
 水子幼没供養
 
この世に一度も生まれてくることのなかった水子ご精霊と幼くして亡くなった幼没者の浄化です。
墓も位牌もない場合がほとんどで、他人に知られてないからといっておろそかにしてはいけません。水子は殺生になり万病の元です。親にも子にもその影響が出ます。
 
 
 
   
  Copyright(C) RengeinKongoji Hiroshima Japan このサイトは蓮華院金剛寺が運営・管理しています。