蓮華院金剛寺 国づくり人づくり関連機関
トップ 創寺縁起 行事案内 縁起物 マンダラ記 お問い合せ
一喝説法 一喝説法イメージ
 
 
 
 
4つの魅力
 
一喝説法
開運人生相談
ご供養・ご祈願
体験談
 
運命のしくみ
 
お問い合せ
 
〒730-0014
広島市中区上幟町10-7
TEL 082-222-0910
FAX 082-222-0430
 
メールcenter@kongoji.org
蓮華院金剛寺
座主 木原秀成
 
 
一喝説法
 
 現在の果は過去の縁と因にあり、未来の果は現在の縁と因の中にある
2013.01
 
 運命は、縁と因によって決まる
 
人の一生は、縁と因によって決まります。
縁(縁起)=偶然
     =変わりやすい
因(原因)=必然
     =変わりにくい


この世で起こることのすべてが、因(原因)によって決まるとするならば、人の一生というものは既に決定されているということになります。

なぜなら、現在の自分は、御先祖の遺伝子・想伝子を引き継いでいるからです。

しかし、宇宙天地自然界を動かしている偉大なる存在(大霊)は、この因(原因)を変更できる可能性として、縁(縁起)というチャンスを与えてくれているのです。

だからこそ、私たちは運命を改革し、新たなる創造もできるのです。

この因が必然であり、縁が偶然なのです。ただ人によって、因のウエイトが大きい場合と、縁のウエイトが大きい場合があり、マイナスの因が大きいと、それを変える縁の力は弱く、むしろ、その因を大きくする縁に引きずられてしまいます。

逆に、マイナスの因が小さいと、それを変える縁の力は大きく作用する可能性が生まれるのです。

時計の振り子と一緒で、右に引っぱる力が大きければ大きいほど、左に戻そうとする力も大きいのですが、実際は、マイナスの大きい振り子ですと、なかなかプラスの方向に振り子は動かなくなるのです。
 
 現在の果は、過去の縁と因の結果である
 
今生きている自分自身を含め、家族が成功と幸福に満ちあふれるものであるか、普通であるか、苦しい現状であるかは、生きてきた人生の積み重ねにもよりますが、自分が作った縁は、極端に言えば5%〜10%であり、御先祖や両親が作った縁とそれをどのように因づかせたかによる結果を引き継いでいる方が、90%〜95%であります。

ここに、家系図を作成し、両親や御先祖が自分に相続してくれた、家系の貯金と借金を調べ、それを素直に認め、受け入れることであります。

御先祖が貯金をたくさん残していれば、その貯金を相続することができ、その貯金を使うことも出来ますが、逆に借金が多いと、その借金を相続し、いやが応でも、その借金を支払わねばなりません。

このことの重大さを、いつの間にか忘れている法友がおりますが、今一度自分ではないかと手を胸に当てて考えてみてください。
 
 未来の果は、現在の縁と因の中にある
 
人は、いずれ迎えるであろう死という未来に向かって生きていかねばなりません。

しかし、この未来に何が起こるか予測することは大変難しいものであります。だからこそ、夢も希望も持てるのでありますが、一歩間違うと奈落の底(不幸のどん底)に落ちることだってあります。

それでも、私達は、未来に向かって生きていかねばなりません。そして、この未来を決めるのは、私達の今の行い(縁)とそれをどのように育てるかという因の積み重ねなのであります。

この今…というものをおろそかにして、未来の成功も幸福もありえないのであります。
 
 未来へ向けて貯金(徳)を増やし、借金(業)を減らせ
 
しかし、世の大半の人は、今が、そこそこ成功と幸福であれば、そこに安住してしまうのです。ところが、その安住は両親や御先祖が貯金を残してくれていたからこそ、それを相続できていることに気付いていないのです。

そして、もし自分は貯金(徳)を積まず、成功と幸福の安住が続けば続くほど、自分が相続した貯金は減っていくのです。

ところが、貯金があれば、たとえ借金があっても返済は可能になるのですが、貯金が借金より少なくなりますと、借金取り、つまり家系の悪因縁が押し寄せてくるのです。

この貯金と借金の相続のバロメーターは、お導きをしてみるとよくわかります。

そういう法友は、とことん布施・奉仕・お導きをして滅罪生善行をすることであります。

そして、日々の生活の中で、できるだけ、貯金(徳)を積み、借金(業)を作らないように心がけることです。

いかに現在が、経済的に恵まれていても、人を泣かせたり、不当な手段で手に入れたものであれば、借金(業)を作っていますので、導きのご縁は、非常にマイナス因縁の濃い人に出合うはずです。
 
 運命創造学(縁)を大切にし、法の実践というプラス因(貯金)を増やせ
 
因は必然で頑固で、そう簡単に変わりませんし、縁は偶然で変わりやすい。つまり、法友が相続しているマイナス因縁は、そう簡単に変わりませんが、運命創造学との偶然の縁により、因を育てていけば、運命改革し創造することも可能になるのです。

ところが、運命創造学との縁は大切にするのですが、法という縁を実践せずのご利益道では、むしろ不徳という借金を増やすことになりかねません。逆に、法友が運命創造学という縁を大切にし、法という因を、より深く実践すればするほど、プラスの縁(貯金)が積み重ねられ、自分の未来を思うようにできる可能性が開けてくるのです。 合掌


 
   
  Copyright(C) RengeinKongoji Hiroshima Japan このサイトは蓮華院金剛寺が運営・管理しています。