蓮華院金剛寺 国づくり人づくり関連機関
トップ 創寺縁起 行事案内 縁起物 マンダラ記 お問い合せ
一喝説法 一喝説法イメージ
 
 
 
 
4つの魅力
 
一喝説法
開運人生相談
ご供養・ご祈願
体験談
 
運命のしくみ
 
お問い合せ
 
〒730-0014
広島市中区上幟町10-7
TEL 082-222-0910
FAX 082-222-0430
 
メールcenter@kongoji.org
蓮華院金剛寺
座主 木原秀成
 
 
一喝説法
 
経済的自立を確立することです
2013.09
 
今、世の中は情報技術(IT)の急速な進歩により、秒進秒歩で、あらゆる分野で、国際的にも国内的にも予測不可能な激変をしています。そのことによって、私達の生活も大きく変化していくでしょう。

今まで積み上げてきた価値観(仕事・生活・夫婦・友人・親子・教育・経済)・・・いわゆる人間性・経済性の両八宝珠は質的・量的に否応なく変化していくでしょう。

このような激変しつつある時代の変化に対応していくためには、大きく分ければ次の「二つの自立」が必要になります。

一、経済的自立
二、精神的自立

しかしながら、多くの人達はこのことに対しての処方箋を見い出しているとは思えないような気がします。戦後最大の不況といわれる中にあっても、そのことの危機感を感じないからです。

私は第二次世界大戦の終戦の年、一九四五年(昭和二十年)に生まれましたが、その頃の日本はすべてが〇(ゼロ)になった状態で、飢えと貧しさの中で育ちました。

今になっても、忘れないのは「ひもじさ」です。着るものや住む家もさることながら、「食べるものがない」という貧しさは耐えられるものではありません。
 
 確実に貧富の差は広がりつつある
 
今、巷でいろいろな事件が続発していますが、それらの原因の一つに飢えが考えられます。コンビニで盗んで捕まった人の報道を見ましたが、わずか三千円程の食料品でありました。

たった三千円で、人生が駄目になるのです。しかし、それ程人間にとって「飢え」は辛いものであり、耐えられるものではないのです。

私の半生も、正に日本の戦後とともに育ってきたと言っても過言ではありません。

今の日本は平均的にみたら、不況だと言われていても、それを実感として感じる人は少ないでしょう。

特に、今の十代〜四十代の人達は、豊かになった時代の中で育っていますから、本当の「ひもじさ」を知りません。

また大人もそうで、今の日本は表面上は豊かであるように思えても、確実に貧富の差は広がりつつあるにもかかわらず、そのことが自分の生活や人生には無縁のように思っている人達が、あまりにも多過ぎるように思えてなりません。

しかしながら、表面上の豊かさに惑わされていてはなりません。

今こそ、イソップ物語の「アリとキリギリス」の教訓を生かすべきであります。

豊かさの中に酔いしれたキリギリスはやがて不幸になり、コツコツと貯めてきたアリは最後は幸福になりました。

前にも述べましたが、日本の社会も確実に貧富の差が開いていきつつあるのです。
 
 経済的自立を確立することです
 
その為には、特に経済的自立≠することです。もちろん、精神的自立も重要であり、両輪の関係にありますが、精神的自立は、運命創造学で学ぶことができますので、とにかく経済的自立を確立することであります。

夫婦の離婚も急増しており、今迄の離婚原因は、価値観の違い、つまり性格の不一致によるものが大半を占めていましたが、これからの離婚の原因は、経済的破綻が加わり、しかも、それが大きな%を占めていくでしょう。

いくら、運命創造学で精神的な面での確立をめざしても、経済的な確立を疎かにすると、帳消しになってしまうのです。つまり、経済が病めば精神も病むのです。

それでは、経済的自立を確立するにはどうしたら良いのでしょうか。

そのポイントをいくつか挙げてみましょう。
 
 サラリーマン
 
一、いつでも自立できるだけの技術や資格を身につけること
一、人脈を会社内にとどまらず会社外にも増やすこと
一、今の友人・知人・上司・取引先との信頼関係を深めること
一、常にあらゆる情報を収集すること
一、勤めている会社の動向を知ること
一、明日会社や仕事があると思わないこと

 
 経営者
 
一、今の仕事が成長産業か斜陽産業かを知ること
一、従業員の質を高めること
一、無借金経営を目指すこと
一、人のやらないこと、やれないことを探すこと
一、人脈を増やすこと
一、オリジナルを創り出すこと
一、資金計画を綿密に立てること
一、人生を十倍楽しむ心意気で働くこと
 
 総合的ポイント
 
一、生活の中味を見直し無駄を省くこと
一、良いものを長く使い、安くて済むものは安いものにすること
一、一つのもので何にでも応用できるものを生活の中に取り込むこと
一、明確なる人生設計を立てること
一、どういう死に方が理想か考えて生きること

まだまだ、たくさんありますが、それはあなたが増やして、とにかく経済的に自立をすることです。

合 掌


 
   
  Copyright(C) RengeinKongoji Hiroshima Japan このサイトは蓮華院金剛寺が運営・管理しています。