蓮華院金剛寺 国づくり人づくり関連機関
トップ 創寺縁起 行事案内 縁起物 マンダラ記 お問い合せ
一喝説法 一喝説法イメージ
 
 
 
 
4つの魅力
 
一喝説法
開運人生相談
ご供養・ご祈願
体験談
 
運命のしくみ
 
お問い合せ
 
〒730-0014
広島市中区上幟町10-7
TEL 082-222-0910
FAX 082-222-0430
 
メールcenter@kongoji.org
蓮華院金剛寺
座主 木原秀成
 
 
一喝説法
 
コスミカリズムこそ日本でありCMFの真理です
2014.03
 
 万類(人類)は宇宙森羅万象の普遍性によって
 生かし生かされの相補関係にあり親子・兄弟姉妹である
 
この地球上に存在する万類(人類)は、宇宙の大いなる霊的なエネルギー(宇宙森羅万象の普遍性)を内在し、お互いが生かし生かされの相補関係にあります。

人間・動物・植物を表面に現われた形で見れば、全く別々の存在のようにありますが、そうではないのです。

生命の進化の過程をみても、単細胞のバクテリア・藻類から始まって、徐々に両生類・は虫類・類人猿・人間へと進化しております。つまり、植物生命から動物生命に進化していったのです。

しかも、人間・動物・植物には生命が宿っており、お互い、単体では生きていけない関係にあります。一見、敵対関係のようにあっても、神話に出てくる山幸彦・海幸彦物語に見られる物語の中味は、山と海はつながっているということであり、この地球上に存在するすべてのものを冷静に観察判断してみますと、お互いが相補の関係で成り立っているのです。

例えば、最近のペットブームに見受けられる飼い主と犬・猫の関係を見ても、そのことがお分かりいただけると思います。

また、縦の流れから見れば、人間の親から子・孫へ、動物の親から子・孫へ、植物の親から子・孫へと引き継がれていますが、横の流れから見れば、バクテリア・藻類という生命誕生の親から植物・動物へと進化して人類という子・孫へと引き継がれており、全体的に見れば、万類は、親子兄弟姉妹の関係にあると言えます。

だからこそ、表面上は相対していても、根底ではつながっているのですから、敵と味方というようなものの見方・視点は今世紀は通用しなくなると思います。

このような視点から、すべての存在を見ていこうとするのが、宇宙本位つまりコスミカリズムです。そして、これこそがCMFの真理≠ナす。

運命創造学は、この真理にもとづいて確立されたもので、哲学性/科学性/倫理・道徳性/平和性/文化性/芸術性/生命性/宗教性の、八つの価値が内包されている根拠もここにあります。
 
 日本の精神土壌にあるもの
 
日本民族は縄文時代から、宇宙森羅万象の偉大な力(サムシング・グレート)をあがめ、「自然を崇拝」し共尊してきました(マナイズム)。

また、自然界に存在するすべてのものに、尊い生命が宿っているということを感じとり、八百万の神として「精霊崇拝」してきました。

この自然崇拝(マナイズム)と精霊崇拝(アニミズム)という女性型文化の上に、弥生時代の男性型外来文化が融合されて日本の精神土壌の基礎ができたのです(日本神道の原点がここにあります)。

このような精神土壌の中に、更に仏教・道教・儒教が融合されて、世界に類を見ない日本独自の精神土壌が創られてきたのです。

古神道はまさに、マナイズムとアニミズムが融合されたものであり、女性原理中心の女性型社会を創り出したのです。だからこそ、すべてを柔軟に受け入れ、包み込みの思想が生まれたのです。

そして、それがやがて、茶道・華道・柔道・剣道・武士道・商道・・・・という道の文化≠生み出していきました。

「勝つか負けるか」ではなく、「相手を殺さずして勝つ」という武士道的世界であり、西洋人にはとても理解しがたいことでありますが、根底に流れているものは、生命・自然・社会の秩序の調和、つまり自然の摂理そのものであり、コスミカリズムなのです。
 
 CMF運命創造学はCMFの真理にもとづいて確立され
 万類の未来を平和と幸福へと導く羅針盤となりうる人類の宝です
 
CMF運命創造学は、今迄述べたコスミカリズムそのものである「CMFの真理」にもとづいて確立された、これまでに類を見ない万類(人類)のための成功と幸福の実学であります。

今世紀を夢と希望のある世紀にし、未来を担う子供達のために良い地球を渡すためには、いたるところに問題が山積して、もう限界ぎりぎりのところまできている、今迄の相対的な成功・幸福論理を大転換しなければなりません。

地球全体を球体的にとらえ、地球そのものが一つの生命体であるという認識に立って、全体的・総合的な視点で物事を捉えようとする新しい論理の誕生が焦眉の急務であります。

その新しい論理こそ、宇宙森羅万象の普遍性にもとづくコスミカリズムであり、その精神土壌を持つ日本民族であり、CMFの真理なのです。そして、そこから生まれたのが、CMF運命創造学です。
 
 万類(人類)の未来はコスミカリズムの中にあり
 その鍵は日本が握っておりその真髄はCMFの真理にある
 
以上、述べてきましたように、今人類は破滅か継承(創造)かの選択に迫られており、いっ時の猶予もありません。

人類・万類の未来を救うキーワードは「宇宙」であり「日本」であり「CMFの真理」なのです。逆から言えばCMFの真理こそ日本であり宇宙なのです。

日本民族は、万世一系約二七〇〇年の歴史を誇っており、このような国は世界中を探してもどこにも見当たりません。

法友の皆さまの中には、まだまだCMF運命創造学の本当の素晴らしさが分かっていない人もおられるとは思いますが、時間が許す限り、何回も何回も本科に参加してその真髄を掴んでください。

頭でわかっていても、実践しなければ素晴らしさは体感できません。だからこそ、くり返しくり返し参加して触れることです。

そして、すべての法友が真の日本人になっていただきたく熱望します。今の日本人は、物質主義中心の欧米的合理主義に染色され、日本的精神―つまりコスミカリズムを忘れています。

人類・万類の未来は日本が握っているのです。法友の皆さんは誇りと自信を持ってください。そして、世界に羽ばたく人間になってください。 世界中に日本という国の本当の姿を伝えなければなりません。それこそが人類・万類を救う道であり、CMF地球運動の目指す道でもあります。

世界はCMFのあなたを待っています。

合 掌


 
   
  Copyright(C) RengeinKongoji Hiroshima Japan このサイトは蓮華院金剛寺が運営・管理しています。