蓮華院金剛寺 国づくり人づくり関連機関
トップ 創寺縁起 行事案内 縁起物 マンダラ記 お問い合せ
一喝説法 一喝説法イメージ
 
 
 
 
4つの魅力
 
一喝説法
開運人生相談
ご供養・ご祈願
体験談
 
運命のしくみ
 
お問い合せ
 
〒730-0014
広島市中区上幟町10-7
TEL 082-222-0910
FAX 082-222-0430
 
メールcenter@kongoji.org
蓮華院金剛寺
座主 木原秀成
 
 
一喝説法
 
人と人との間をウィン&ウィンで埋めてこそ真の成功と幸福は実現する
2014.09
 
 宗教の功罪
 
資本主義の国であれ、共産主義の国であれ、またどちらにも属さない国であれ、その基盤は国民(民族)であり、国民意識の深層には宗教がある。

そして、宗教には低次元のものから高次元のもの迄いろいろあるが、それが国民の価値基準となって現実の社会を作り出している。

古今東西の紛争や戦争は、まさに宗教戦争と言っても過言ではないし、この世に宗教が無くならない限りこのことは繰り返されていく。

それ程に国家の将来はもとより国民の将来まで左右している宗教だが、果たして宗教で真の平和は実現するだろうか。

世界の四大宗教といわれているユダヤ教・キリスト教・イスラム教・仏教、それに宗教ではないが儒教を加えると五つになり、どれも紀元前に興ったものだ。

しかし、これらの五つに関係ある国々も含め、二千年以上たった今でも世界中で紛争や戦争が絶えない。

今こそ、私たちは宗教の功罪を真剣に考えなければならない時期に来ているが、その為には宗教の本質を知ることが大切だ。

 
 宗教への安易な依存は禁物
 
宗教の本質は、「宗」という字の中に秘められている。宗は宀と示の組み合わせであり、宀は宇宙(自然)、示は摂理という意味がある。
つまり、宇宙(自然)の摂理の教えが宗教ということであり、その象徴が神仏である。

しかし、多くの人は「神仏とは人知を超えて奇蹟や願いごとを叶えてくれる神秘摩訶不思議な存在」と錯覚している。

確かに、人知では計り知れない摩訶不思議で偉大な何か(サムシング・グレート)≠ヘ有る。だからと言って、それを神仏としていたのではこの世に起こることは良いも悪いもすべて神仏にその責任を押しつけて、自分は関係ないということになってしまう。

こんな宗教観である限り悪因縁は切れるどころかますます業深き運命となる。

しかも、世の大多数の宗教がこれを売り物にしているところに宗教の功罪があり、それに依存している限り運命創造の扉は開かない。

しかし、今の宗教はこんな馬鹿げた宗教観が当たり前のようにまかり通っているのだ。

 
 運命創造の根源は自分の身と口と意(こころ)
 
残念ながら、小生のところに運命創造の扉を開こうとして入門する人は、錯覚化された神仏への他力本願である。

運命創造の扉は、自分の身と口と意(こころ)が握っているのであって、決して錯覚化された神仏が握っているのではない。

前述したように、運命の扉を開き成功と幸福を実現したいのであれば、間違った宗教観から脱して、宇宙(自然)の摂理を知り、身と口と意でそれを実行することである。

人間は万物万象を生み出す郷里の宇宙から生み出された小宇宙であり、自身の内にも宇宙(自然)の摂理を内在しているのだ。つまり、自分と神仏は一体ということだ。

だから、運命創造の根源力は自分自身の内にある。

宇宙(自然)の摂理を疎かにして自利欲のままに成功や幸福を実現しても長続きせず、かえって悪因縁となり自分や子孫に相続される。

小生は、この三十年間に延べ一万人以上の人と接して、その実体をいやという程見てきた。

 
 運命は縁因果の法則で決まる
 
人間は人と人の間を身と口と意という手段を使って、T(時)P(場所)O(機会)に応じて埋めている。

その良し悪しで運命の成功と失敗、幸福と不幸を左右する。そして、それは縁因果の法則によって決まる。

縁は 誘発しようとするエネルギー
因は 生成しようとするエネルギー
果は 縁と因で出来上がったエネルギー


縁因果の法則を知るためには、ご先祖から子孫への縦の時間軸と自分の過去・現在・未来の横の空間軸の交差したところが、今の自分自身であるということを認識することである。

この時間軸と空間軸の中に、あなたの縁因果の法則が封じ込まれている。

だからこそ、真の成功や幸福を望むなら、宇宙天地自然の摂理にもとづいて、縁因果の法則にのっとり、人と人との間をウィン&ウィンで埋めることであり、その心は利他である。それこそが、神仏にかなった生き方なのだ。

このことを疎かにして錯覚化された神仏に依存しても運命の扉は開かないことを肝に銘ずるべきである。

詳しくは小生が二十年以上の歳月をかけて開発した、おそらく世界で唯一であろう運命創造学を学ばれることをお薦めする。

 


 
   
  Copyright(C) RengeinKongoji Hiroshima Japan このサイトは蓮華院金剛寺が運営・管理しています。