蓮華院金剛寺 国づくり人づくり関連機関
トップ 創寺縁起 行事案内 縁起物 マンダラ記 お問い合せ
一喝説法 一喝説法イメージ
 
一喝説法
こころと健康
 
 
 
4つの魅力
 
一喝説法
開運人生相談
ご供養・ご祈願
体験談
 
運命のしくみ
 
お問い合せ
 
〒730-0014
広島市中区上幟町10-7
TEL 082-222-0910
FAX 082-222-0430
 
メールcenter@kongoji.org
蓮華院金剛寺
座主 木原秀成
 
 
こころと健康
 
霊性の低下を考える(第4回)
 
 霊的な世界を無視して真の健康は成立しない
 
私は前回で、「霊的な世界を無視しては、真の健康は成り立たない」と述べた。なぜそうなのかを解説してみよう。

人間の生命体の構造は、五つの生命体からなる。この生命体の中で、霊性とつながっているのが、「霊体」というところである。

そして、その霊体の表裏の関係にあるのが「幽体」だ。
 
西洋心理学でいうところの深層意識であり、昔から言われている「三つ子の魂百まで」のところでもある。
 
人間の行動の90%〜95%を支配しているのは、実はこの深層意識である。つまり「幽体」と言える。
仏教唯識学では「阿羅耶識」といい、人生の主人公を演じる意識なのである。
 
しかも、この意識は別名無意識の意識とか衝動意識とか言われ、人間の表面意識である顕在意識では、コントロールできないのだ。
 
 
 善なる意識が多ければ多いほど健康的人生になる
 
いわゆる「善なる意識」だ。この善なる意識が深層意識の中で多ければ多いほど「健康的人生」になる。
そして、この「善なる意識」を育んでいる生命体が、「霊体」と言える。宗教的表現をするならば「神仏的意識」ということになる。

人間は、幼い頃は善なる意識中心の生き方をしているのだが、成長してゆくにつれ、だんだん自我が発達し、自己都合中心の生き方に変ってしまう。 自己都合中心の生き方になればなるほど、善意識が薄れてくる。
 
その結果、思いやり、博愛、感謝、善意、奉仕、許容心、誠意など、前述した意識が、損得中心の尺度によって、コロコロ変ってしまう。
つまり、自分の行動基準の座標軸が善悪から損得に変ってしまうことに原因がある。
特に現代社会は、アメリカを中心としたグローバルスタンダードのもと、市場経済第一主義が世界経済を動かしている。この根底に大きな原因がある。
 
 
 
   
  Copyright(C) RengeinKongoji Hiroshima Japan このサイトは蓮華院金剛寺が運営・管理しています。