蓮華院金剛寺 国づくり人づくり関連機関
トップ 創寺縁起 行事案内 縁起物 マンダラ記 お問い合せ
体験談 体験談イメージ
 
体験談
jissen体験談
新年福運祈願
供養法
お布施
特別一座供養
開運人生相談
懺悔行
家系図
加持療法
お四国参拝
写経
癒楽さろん
 
 
 
4つの魅力
 
一喝説法
開運人生相談
ご供養・ご祈願
体験談
 
運命のしくみ
 
お問い合せ
 
〒730-0014
広島市中区上幟町10-7
TEL 082-222-0910
FAX 082-222-0430
 
メールcenter@kongoji.org
蓮華院金剛寺
座主 木原秀成
 
 
体験談
 
    
2008年新年福運祈願
21座の行座者体験談

 
 
 
行座して、絶対に自分の願意を成功させたいと気合いが入りました。新たな一年を始めるスタートダッシュになるので、身が引き締まりました。

行座を通じて、私のストレスは些細な事柄に捕らわれていたからだと気づきました。また、改めて努力不足を感じました。我を棄てられない自分を見つける事もできました。

現在の状況から脱出したく、ありがたいことに行座させていただきました。「今日こうなっているのは、すべて自分自身の行動に原因があった」と受け止め、すべてにおいてまず懺悔からと・・・。困った時の神頼みにならないよう、意を決めて行座させていただきました。

初めての行座でしたが、ただただ凄いの一言です。こんな凄い座を21回もされた祈願のお札とは思いもせず、ただ何となく飾っていた自分を戒め、今後はこの想いと一緒になって日々過ごしていきます。

本当の意味で「強くなる事」の大切さを学びました。何があろうと自分でやると決めた目標は、必ず達成させる気迫が、自分にはまだまだ足りてないと、木原先生のお姿を拝見させていただき感じました。

無になることの難しさ、心を瞬時に合わせる事の大切さ。常に集中し、その場に没頭する事の重要さ。社会生活においても、教えていただいた心構えで身と口と意を沿わせるなら、自分自身が輝き、証し人になれると感じた。依存しない精神を養いたいと思った。

炎の中にいるような感じでした。ご真言をあげている間、手が小刻みに震え、お腹の中心あたりから温かいものが吹き上げてきて、全身が汗ばみ、本堂全体がその氣に包まれているような感じでした。

木原先生が、一座一座丁寧に行をしてくださっている事は、当たり前でない。願う自分も、願意を叶えてくださろうとされている先生と同じ気持ちにならなければ、願いが叶うはずはないと感じた。

本堂に入った途端、たくさんの方の願いや想いが渦巻いているようで、行座することの責任の重さに身の引き締まる思いでした。腹の底からご真言を唱えているうちに、「祈る」とは、すがり頼る事ではなく、これから頑張っていきますとの誓いを、神仏にたてる事ではなかろうかと感じました。

一心不乱に行に没頭していると、願い事をされている皆さんの想いが乗り移ったように、涙が止めどもなく流れた。先生にして頂いている座の応援をさせていただき、本当に嬉しかった。

先生は、例え風邪をひかれていても、水行や懺悔行、そして21回の座をきっちりされます。私は行座できる時に来ているだけなのに、疲れたと感じるのは、情けない気持ちでした。改めて先生に感謝しました。

ご真言を唱えながら、目を閉じていると、最後の方で不動明王様が現れて、何が何でも成し遂げなければならないという強い思いになりました。

大きく力強く、一定のリズムを心がけ、限界突破を掲げ、精一杯行座をしました。合わせた手は熱くなり、身体全体から汗が出てくるのを感じています。
無心に唱える行が、回を重ねる程、福運祈願がより意味あるものになる事を感じました。

行座される方が多いと、パワーも違うと感じました。数だけではないかもしれませんが、その中で一人ひとりが目標を実現させていけば、そのエネルギーは大きな波となって、世の中を良くして行くに違いないと実感した座でした。

自分で限界を作ってしまう。そこから打ち破ることができないのが通常だから、今年は自分の殻から出て行こうと、誓いました。できるかな、ではなく出来ると信じて限界突破します!

木原先生は座って座を取られているのに、額には汗がにじんでいた。自分も必死の思いで行座させていただいているが、先生は何十倍もの想いで、この行に向かわれていると感じた。みんなの想いが一つの所に向かうという事は、凄いエネルギーになるのだと実感した。

何もかも初めてで驚きの連続でした。無心にご真言を唱えていると、なぜか涙が流れ、今の自分がいることへの先祖への感謝、自分の生い立ち、亡き父や祖父、入院中の祖母、日頃ゆっくり考える事のない家族を想い、感謝が足りないことを反省し、来年のご祈願成就を願いました。

願意に対して恥じないような自分でいることを決意した。この場に行座できなかった方々の分も、祈らせていただきました。

初めての体験でしたが、ご真言をお唱えする時、荘厳な雰囲気に包まれ、異空間の中にいるようで、身の引き締まる思いでした。
今年一年間のアカを落としていただき、新しい年を清らかな気持ちで迎えられそうです。

真言をお腹の底から声を出して唱えると、とても気持ちが洗われるようでした。
たくさんの方々の願意を木原先生は背負い、水行・懺悔行と祈願の座をしてくださっているのだと思い、私も心をこめてさせていただきました。

ただただ無心で、その世界に浸る。日常においても同様で、現象面では色々あっても目標に向かおうとする心意気や、目の前にある多くの方々のご祈願に対する想いの為に、一心不乱の行動が、自分自身を甦らせる事に繋がっていると感じた。これが木原先生から教えていただいた「安心」の世界だと感じた。

不動心 縁覚声聞。
向かう願意に不動の心で実践しようと誓いました。ただただありがとうございます。

 
 
 
 
   
  Copyright(C) RengeinKongoji Hiroshima Japan このサイトは蓮華院金剛寺が運営・管理しています。