蓮華院金剛寺 国づくり人づくり関連機関
トップ 創寺縁起 行事案内 縁起物 マンダラ記 お問い合せ
体験談 体験談イメージ
 
体験談
jissen体験談
新年福運祈願
供養法
お布施
特別一座供養
開運人生相談
懺悔行
家系図
加持療法
お四国参拝
写経
癒楽さろん
 
 
 
4つの魅力
 
一喝説法
開運人生相談
ご供養・ご祈願
体験談
 
運命のしくみ
 
お問い合せ
 
〒730-0014
広島市中区上幟町10-7
TEL 082-222-0910
FAX 082-222-0430
 
メールcenter@kongoji.org
蓮華院金剛寺
座主 木原秀成
 
 
体験談
 
       
  開運人生相談
霊魂はほんとうに存在するのか?
   
  人間の生命は、肉体が滅んでも霊魂はほんとうに生き続けているのでしょうか?
何となくは信じているのですが、真実が知りたいので教えて下さい。
 
 

霊魂がほんとうに存在するのか?しないのか? は、私の所属している仏教界においても賛否両論ですが、私はこれまでの21年間の経験から「霊魂は存在する」という立場をとっています。
しかし、観念論では非科学的で説得力がありませんので、「宇宙の真理」「生命の真理」から説明してみます。

宇宙の真理

図@をご覧下さい。
図のように、宇宙は目に見える顕象世界と目に見えない潜象世界と無限を秘めている間象世界の三層融和構造でできているのです。
このことは、人間の生命にも同じことが言えるのです。

 

 

生命の真理

図Aをご覧下さい。
図のように、人間の生命の真理は、肉体・心体・幽体・霊体・法体の「5つの生命体からなる有機的融和体」でできているのです。

そして、「霊魂」と関係があるのが「幽体」なのです。幽体という生命体は、欧米心理学では「深層意識」、仏教唯識学では「阿羅耶識」で第八番目の意識と言われています。

 

実は、この「幽体」に人間(運命)を動かす全てのデータが組み込まれており、90〜95%この内なるデータが人間を動かしていることは、既に心理学で解明されています。

実は幽体は、肉体が滅(死)しても、現界に「霊魂」となって残り浮遊するのです。幽体は、神智学では、「アストラル体」と呼ばれています。
つまり、肉体そのものに生命が宿っているのではなく、生命を入れる器が肉体で、目には見えませんが、肉体が滅しても生命(霊魂)は残っているのです。


水は、気体・液体・固体の三種類に姿を変化する


別な角度から霊魂の存在を「水の例」で説明してみましょう。
水は、平常では液体ですが、環境によって、気体になったり、固体になったりします。
霊魂は、水が「気体」になった状態なのです。常人には見えませんが、ミクロ、あるいは、ナノミクロという超粒子になって存在しているのです。


日本人は、縄文時代の太古の昔から精霊崇拝を大切にしている

日本人は、縄文時代の太古から、人間をはじめ樹木・石・植物・動物など、あらゆる物に「生命が宿っている」という精霊崇拝(アニミズム)があり、死者のご先祖供養を大切にしてきたのです。
その根底にあるものは、「生命の不滅・永遠の生命」観なのです。

このような生命観は、キリスト教が広まるまではエジプトのピラミッド神話をはじめ世界中にありました。

まだまだ科学は、霊魂の解明はできておりませんが、やがて解明される日がくると信じています。
結論を申し上げますと、「霊魂は存在する」ということです。


 
 
 
 
   
  Copyright(C) RengeinKongoji Hiroshima Japan このサイトは蓮華院金剛寺が運営・管理しています。