蓮華院金剛寺 国づくり人づくり関連機関
トップ 創寺縁起 行事案内 縁起物 マンダラ記 お問い合せ
体験談 体験談イメージ
 
体験談
jissen体験談
新年福運祈願
供養法
お布施
特別一座供養
開運人生相談
懺悔行
家系図
加持療法
お四国参拝
写経
癒楽さろん
 
 
 
4つの魅力
 
一喝説法
開運人生相談
ご供養・ご祈願
体験談
 
運命のしくみ
 
お問い合せ
 
〒730-0014
広島市中区上幟町10-7
TEL 082-222-0910
FAX 082-222-0430
 
メールcenter@kongoji.org
蓮華院金剛寺
座主 木原秀成
 
 
体験談
 
       
  開運人生相談
特別供養に踏み込むには?
   
  私は特別供養に踏み込みたいと思っています。
しかし、以前接心修行を頂いた時には、直接名指しでの御先祖供養はないというご指導でした。これはとても有難いことなのですが、やはり何か気になるのです。
特別供養は初めてですので、一座が良いのか特別供養なのか、ご祈願が良いのか自分で判断できません。
どのように踏み込めば良いのか、ご教授ください。
 
 

厳密に申し上げれば特別一座供養や特別供養をした方が良いのです。
余程の徳を積んだ家系でない限り(その目安の一つとして、離婚・再婚が少ない)家系を三代遡れば、誰かが問題を起こしている場合が多く、特に金持ち家系には、飲む・打つ(博打)・買う(女遊び)≠やっている者がいるものです。

ですから、あなたの場合は、そういう意味においては幸せであります。
だからといって必ずしも安心≠ニいうことではありません。というのも、御先祖供養不足は、家系の没落に通じます。

御先祖供養は、御先祖に良い想念≠ニいう食事をお供えして、御先祖の霊格の向上≠願うものです。
御先祖は川上≠ナあり、子孫は川下≠ナあります。
御先祖は川上に当たりますから、御先祖供養を続けますと、想念の浄化がなされますから、川下にいる子孫の想念も自ずと浄化されることになります。
今流に言うなら、子孫の精神(魂)の波動≠ェ良くなるということです。
ですから、特別供養や特別一座供養をしてあげるに越したことはないのです。

 

供養の順番としては、急を要する場合は、特別一座供養が先であります。御先祖の霊格の向上であれば特別供養となります。
ただ、特別一座供養は、緊急の手術≠ナありご霊験は早く出ますが、それだけのためにするのはご利益的でありますから、特別一座供養をされる方は、続いて特別供養をするべきだと思います。
特別供養や、特別一座供養はするにこしたことはありませんが、月のご供養や毎日のご供養が無駄ということではありませんので、あなたさまの心の声≠基準にお考えになられたら良いと思います。
詳しい内容は当寺までご相談ください。


 
 
 
 
   
  Copyright(C) RengeinKongoji Hiroshima Japan このサイトは蓮華院金剛寺が運営・管理しています。