蓮華院金剛寺 国づくり人づくり関連機関
トップ 創寺縁起 行事案内 縁起物 マンダラ記 お問い合せ
体験談 体験談イメージ
 
体験談
jissen体験談
新年福運祈願
供養法
お布施
特別一座供養
開運人生相談
懺悔行
家系図
加持療法
お四国参拝
写経
癒楽さろん
 
 
 
4つの魅力
 
一喝説法
開運人生相談
ご供養・ご祈願
体験談
 
運命のしくみ
 
お問い合せ
 
〒730-0014
広島市中区上幟町10-7
TEL 082-222-0910
FAX 082-222-0430
 
メールcenter@kongoji.org
蓮華院金剛寺
座主 木原秀成
 
 
体験談
 
       
   特別一座供養    
   夫婦でさせていただいた特別一座供養 Nさん(夫)(熊 本) 
       
 
 祖母の特別一座供養
 

今回の特別一座につきましては、私が一番可愛がって貰った祖母の供養をして頂きました。

祖母は昭和52年1月の寒い日の朝、脳溢血を発症して布団から起きられず、そのまま病院に入院しました。約半年間、言葉もでないまま自分の思いを伝えられずにその年の8月12日に静かに息を引き取りました。私が高校3年生の時でした。

葬式の日に私は、ソフトテニスの九州大会の決勝戦と重なり、両親も試合を優先しなさいと言ってくれたので、葬式には出られませんでした。

泣きながら試合をしたのを、今でも鮮明に覚えています。

そういう思いから、今回特別一座供養をして頂きました。

祖母は、とても信心深くて、晩年には毎年、祖父と高野山参拝、お四国参り、皇居の清掃などに行っていたのを覚えています。

 
 信心深い祖母が
 

祖母には、何の思いもなく成仏してくださいと思うなかで木原秀成先生の読経がはじまりました。

途中から先生の声が大きくなり、私たちは只々、祈るばかりでした。そして供養が終わり、先生から「経を唱えているときに、だいぶ詰まった。でも、もう大丈夫だから」の言葉を頂きました。

暫くして、「今日は先生の声が凄く大きな声で諭して下さったですね。亡くなった人の想念がまだ成仏してない時は、読経がご精霊さまになかなか届かないので、大きな声で諭されるのですよ」と言われビックリしました。

あの信心深い祖母がまだ成仏していなかったとは・・・

 
 祖母は成仏していなかった
 

そう言えばこの供養をする1週間前位から、うちの母の夢に祖父と祖母が出てきて、祖父が祖母にこっちに来いと言ってるのに、祖母は黙ったまま仏壇の横に座っていたと話していました。

これを聞いて、祖母はまだ成仏していなかったから、祖父が誘っても行けなかったのかもしれないと思いました。

特別一座をしていただき、私も葬式に出られなくて供養らしい供養も今まで出来なかったので、これで安心しました。

これからも祖母には、さらに向上してもらうように、毎日の墓参りで願っていこうと思います。

木原秀成先生、本当にありがとうございました。
また、色々手伝っていただきました本部の方々も、本当にありがとうございました。
この書面をもちまして、お礼と感謝を申し上げます。 合掌

 
 
 
供養会員入会申込書の請求
 
 
   
  Copyright(C) RengeinKongoji Hiroshima Japan このサイトは蓮華院金剛寺が運営・管理しています。